メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代への遺言~私が見た戦争

/3 小谷孝子さん(81)「無傷」が罪悪感に 「あっちゃん」と伝え続ける被爆体験

 「ぞろぞろ、隙間(すきま)のないくらい逃げてきた。男の人か女の人かも分からない。着ているものも皮膚も垂れ下がり。ぞろぞろぞろぞろ。本当に幽霊の行列みたいだった」

 75年前の8月6日。6歳だった小谷孝子さん(81=千葉県八千代市)は広島市内の自宅前で見た光景を今もはっきりと覚えている。爆心地から約2・5キロ。姉と兄、弟もけがをし、重傷だった弟は4日後に息を引き取った。母親も6年後に白血病で亡くなった。姉と兄は後遺症に苦しんだが、自身はほぼ無傷だった。

 「(無傷の)自分は被爆者とは言えない」。罪悪感から、小谷さんはずっと、被爆体験を封印して生きてきた。初めて語ったのは幼稚園教諭を定年退職した2003年。原爆投下から半世紀以上たっていた。きっかけは姉からかけられた言葉だった。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです