農作物「自家増殖」制限 取材で浮かんだ農水省「種苗法改正案」説明の「矛盾」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
農水省=東京都千代田区で、米田堅持撮影
農水省=東京都千代田区で、米田堅持撮影

 国会で審議中の注目法案の一つ、種苗法改正案。有名俳優のツイートでも話題になった改正案が農家に及ぼす影響を巡り、所管する農林水産省の説明が揺れている。改正案は農家が田畑で採った種や苗などを次の作付けに使う「自家増殖」の制限を盛り込んでいる。では、どれほどの農家が制限の影響を受けるのだろうか。農水省は自家増殖している農家は多くないというが……。

 種苗法はコメや野菜などの新品種(登録品種)について開発者の権利を保護することを規定している。近年は果物の海外流出が後を絶たず、農水省は、開発者が品種を登録する際に輸出先指定を認めることなどを含む改正案をまとめた。一方で、農家が次の作付けのために収穫物から種や苗を採る自家増殖については許諾制とした。

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1900文字)

あわせて読みたい

注目の特集