メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ感染を促進するたんぱく質発見 新薬への応用に期待 国際研究チームが発表

ニューロピリン1との結合を阻害する薬剤を使った場合(右下)と、使わない場合(左上)を比較した画像。使った場合、新型コロナウイルスに感染した細胞(緑色)が減っていた=英ブリストル大の山内洋平准教授提供

 ヒトの細胞表面で新型コロナウイルスと結合し、ウイルスが細胞内に取り込まれるのを促進するたんぱく質を見つけたと、山内洋平・英ブリストル大准教授(名古屋大招へい准教授)らの国際研究チームが米科学誌サイエンスで発表した。このたんぱく質とウイルスの結合を阻害する薬が実用化すれば、新しい治療薬になる可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです