メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都、時短要請の背景にあった葛藤と思惑 専門家から「不十分」の声も

都の対策本部会議で飲食店やカラオケ店への時短営業要請について指示を出した小池百合子知事=都庁で2020年11月25日午後3時56分、内田幸一撮影

 新型コロナウイルスの感染防止と経済活動の両立をどう図るかで揺れ続けた東京都は「第3波」でも結局、飲食店などの営業時間の短縮要請に踏み切る。重症者数も増加し続けており、医療崩壊を食い止めようと、都が追い込まれていた事情もある。

都民に危機感を伝えられるかがポイント

 大阪府と北海道に続き、飲食店などへの営業時間短縮の要請方針を打ち出した東京都だが、11月以降の感染者や重症者の急増で、方針転換せざるを得なかった。クリスマスや年末年始の前に感染拡大を食い止め、ダメージを最小限にとどめたい思惑ものぞく。

この記事は有料記事です。

残り2852文字(全文3101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです