メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤沢里菜・女流立葵杯が女流本因坊を奪還 通算4期目

上野愛咲美女流本因坊を3勝2敗で破り、笑顔を見せる藤沢里菜・新女流本因坊=東京都千代田区の日本棋院で2020年11月25日午後7時36分、丸山進撮影

 囲碁の第39期女流本因坊戦五番勝負(共同通信社主催)の第5局が25日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、挑戦者の藤沢里菜女流立葵杯(22)が上野愛咲美女流本因坊(19)に274手で黒番半目勝ちし、3勝2敗で前期に上野に奪われたタイトルを奪還し、4期目の女流本因坊位を手にした。

 藤沢は今年初めには1冠だったが、10月…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです