日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【京都市(日本新薬)-にかほ市(TDK)】六回表京都市1死一塁、福永が先制の2点本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月25日、西夏生撮影
【京都市(日本新薬)-にかほ市(TDK)】六回表京都市1死一塁、福永が先制の2点本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月25日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は第4日の25日、1回戦3試合。第2試合は日本新薬(京都市)とTDK(にかほ市)が対戦した。

 日本新薬は六回1死一塁から、福永の左中間への大会第8号となる本塁打で2点を先制した。

 TDKは七回、2死一塁で北畠が右越え適時三塁打を放ち1点を返した。九回には2死二塁とチャンスを…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

あわせて読みたい