巨人の若き主砲・岡本、勝負どころもバットは湿ったまま… 日本シリーズ第4戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-巨人】三回表巨人2死、空振り三振に倒れた岡本=ペイペイドームで2020年11月25日、津村豊和撮影
【ソフトバンク-巨人】三回表巨人2死、空振り三振に倒れた岡本=ペイペイドームで2020年11月25日、津村豊和撮影

○ソフトバンク4―1巨人●(25日・ペイペイドーム)

 勝負どころで巨人の若き主砲のバットは湿ったままだった。一回に先制し、なおも1死二塁の好機で打席に入った4番の岡本だったが、外角球で追い込まれた末に胸元の釣り球に手を出し空振り三振。後続も倒れて主導権を握る好機を逃したチームはその裏、あっさりと逆転を許した。

 自身初のタイトルとなる本塁打王と打点王に輝き、満を持して迎えた日本シリーズだった。だが、時に内角を厳しく突きながら力で押すソフトバンクの投手陣に苦しめられた。4試合で13打数1安打。これまで、何度となくチームの苦境を救ってきた打撃を見せることができなかった。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集