メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳田「初球から集中」逆転2ラン 勝ち方熟知の工藤采配ズバリ 日本シリーズ第4戦

プロ野球日本シリーズで4年連続の日本一に輝き、ナインをねぎらうソフトバンクの工藤監督(中央)=福岡市のペイペイドームで25日

○ソフトバンク4―1巨人●(25日・ペイペイドーム)

 ソフトバンクが巨人に4連勝し4年連続日本一を飾った。

 九回2死。力なく上がった打球をソフトバンク二塁手の周東がつかむと、選手たちが一斉にマウンドに駆け寄った。抑えの森と甲斐が抱き合うなど、控えめだったリーグ優勝時とは打って変わって選手たちは約2万人の観客の前で喜びを爆発させた。

 ソフトバンクの底力を見せた試合だった。一回に今シリーズ初の先制を許したが、直後に柳田が豪快な逆転2ラン。1死二塁の好機で、巨人先発・畠の甘く入った初球を見逃さずとらえ、あっという間に試合をひっくり返してみせた。「初球から集中して打ちにいくことができた」と柳田。ファーストストライクから積極的に強振するソフトバンク打線を象徴する一打だった。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです