メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

メッシがメンバー外のバルサ、後半4得点でキエフに快勝…4連勝で決勝T進出

情報提供:サッカーキング

2得点を挙げたブライトバイテ [写真]=DeFordi Images via Getty images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が24日に行われ、バルセロナはアウェイでディナモ・キエフと対戦した。なお、この試合ではリオネル・メッシが今季初めてメンバーから外れている。

 前半は膠着した状態が続き、なかなかチャンスまで辿り着くことができない。ディナモ・キエフは試合終了間際にカルロス・デ・ペナが左サイドから鋭いシュートを放って見せ場を作るが、これはバルセロナの守護神マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブでゴールラインを割ることはなかった。

 スコアレスで後半を迎えたバルセロナは52分、ついに均衡を破る。セルジーニョ・デスト、ペドリ、マルティン・ブライトバイテの巧みなパス回しから、最後はデストが押し込んで待望の先制点を挙げた。

 さらに57分、コーナーキックが相手の頭に当たってコースが変わると、ゴール前に走りこんでいたブライトバイテがこれを押し込んでゴールネットを揺らし、バルセロナが追加点を決めた。

 69分にはバルセロナがPKを獲得。これはブライトバイテが左に沈めて3点差に突き放す。さらに試合終了間際の90+2分、ジョルディ・アルバのクロスを上手く収めたアントワーヌ・グリーズマンが冷静に流し込んで4点目を挙げた。

 試合はそのまま終了し、後半で4点を挙げたバルセロナが快勝を収め、グループステージ4連勝でラウンド16進出を決めた。

【スコア】
ディナモ・キエフ 0-4 バルセロナ

【得点者】
0-1 52分 セルジーニョ・デスト(バルセロナ)
0-2 57分 マルティン・ブライトバイテ(バルセロナ)
0-3 69分 マルティン・ブライトバイテ(PK/バルセロナ)
0-4 90+2分 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)

【関連記事】
●マンC所属グループがメッシとの「10年契約」を画策? 横浜FMでプレーする可能性も
●“前半戦”を終えた今季CLの傾向とは? 気になる5つのデータを紹介
●マンC時代のチームメイトがバロテッリの素顔を明かす…「彼はピエロを演じている」
●グリーズマン、バルサ加入当時の苦難を告白「移籍したばかりの頃はハードだった」
●「やべスタと呼んで」 矢部浩之氏、DAZNでの新番組に意気込み「一言で言うとチャンス!」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです