メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

チェルシー、後半ATの劇的ヘッドでレンヌに勝利…ラウンド16進出決定

情報提供:サッカーキング

チェルシーはジルーの決勝点でラウンド16進出を決めた [写真]=Icon Sport via Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が行われ、チェルシーはアウェイでレンヌと対戦した。

 チェルシーは4分にカラム・ハドソン・オドイからティモ・ヴェルナーにピンポイントのクロスが通る。しかしヴェルナーがダイレクトで放ったシュートはクロスバーの上を超え、最初の決定機をものにできない。

 それでもチェルシーは22分、メイソン・マウントのスルーパスに反応したオドイが相手DFの裏へ抜け出すとそのまま快走。GKとの1対1も落ち着いて決めてチェルシーが先制に成功した。その後はレンヌに攻撃の機会を増やされるが、1点を守り切って前半を終えた。

 1点リードして後半を迎えたチェルシーは47分、ヴェルナーがヘディングでゴールネットを揺らす。しかしこれはオフサイドの判定でゴールとはならなかった。一方、徐々にゴールへと迫るレンヌは試合終盤の85分、コーナーキックにセール・ギラシが頭で合わせて同点に追いついた。

 それでもチェルシーは90+1分、ヴェルナーのシュートを相手GKがセーブするも、そのこぼれ球をオリヴィエ・ジルーが頭で押し込んで土壇場の勝ち越し弾を決めた。

 試合はそのまま終了し、最後の最後で勝ち越したチェルシーが勝ち点3を獲得。この結果グループ内の勝ち点を10に伸ばして決勝トーナメント進出を決めた。

【スコア】
レンヌ 1-2 チェルシー

【得点者】
0-1 22分 カラム・ハドソン・オドイ(チェルシー)
1-1 85分 セール・ギラシ(レンヌ)
1-2 90+1分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)

【関連記事】
●マンC所属グループがメッシとの「10年契約」を画策? 横浜FMでプレーする可能性も
●“前半戦”を終えた今季CLの傾向とは? 気になる5つのデータを紹介
●マンC時代のチームメイトがバロテッリの素顔を明かす…「彼はピエロを演じている」
●グリーズマン、バルサ加入当時の苦難を告白「移籍したばかりの頃はハードだった」
●「やべスタと呼んで」 矢部浩之氏、DAZNでの新番組に意気込み「一言で言うとチャンス!」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです