メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

高額のおせち、コロナ禍で熱視線 帰省やめプチぜいたく/実家にプレゼント

今年ならではの趣向をこらした商品が並ぶ百貨店のおせち売り場=東京都中央区の松屋銀座で2020年11月13日、藤井太郎撮影

 「とにかく高額品から売れているんですよ」――。東京・銀座の百貨店でおせち料理の仕入れを担当するバイヤーはそう話す。この冬、おせちへの視線はかつてなく熱い。新型コロナウイルスの「第3波」が懸念され、コロナ禍の中で迎えようとする2021年の正月、おせちと向き合う意味とは何だろう。

 銀座の老舗百貨店、松屋銀座本店では、16万円超もする京都の高級料亭のおせちが、予約を受け付けて間もない10月半ばで完売してしまった。「あまりに早く売り切れたので、料亭側に『数を増やせませんか』と頼んだら、他の店も同じ状況で『とても無理です』と断られてしまいました」と担当者は話す。

 松屋では今年、おせちの売り上げ目標を前年比10%増としていたが、11月半ばの段階で60%増。6万円以上の高額品では80%増に上るという。こんな時期から予約が殺到するのは異例で、今まで購入したことがない新規の客が多いのも特色だという。

この記事は有料記事です。

残り2199文字(全文2596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです