メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

借地の家、娘名義で建て替えたい

 Q 借地の家、娘名義で建て替えたい

 借地の上に所有する古い家屋で1人暮らしをしています。娘夫婦が利便性の良さからこの借地を気に入り、私と同居することを考えています。娘名義の家屋に建て替えても問題ありませんか。(70代、女性)

「また貸し」の確認書、地主と3者で

 A 借地権を相続するのか、生前贈与するのかを検討することになります。税法上は借地上の建物所有者が借地権者として取り扱われるため、娘さん名義の家屋を新築すると、あなたから娘さんに借地権が生前贈与されたとみなされ、贈与税が課されます。しかも相続税に比べて贈与税の負担は重くなる可能性が高いため、注意が必要です。

 また、地主に無断で建て替えると、借地の無断転貸として借地契約を解除される恐れがある点にも注意が必要です。地主の承諾には、借地人の名義を変更するための名義書き換え料や、建て替えの承諾を得るための承諾料を支払うことになります。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 色覚障害 日本人男性の20人に1人 「限定ユニ」乱造にも警鐘

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです