メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 沖縄の米軍基地で開かれるパーティーに参加する「私」。米国人らと表向きの親睦を深めるうち、「私」の娘が米兵にレイプされる。治外法権の壁が立ちはだかり、罪を裁くことは難しい――。

 沖縄初の芥川賞を受賞し、先月95歳で亡くなった大城立裕さんの小説「カクテル・パーティー」である。発表は米占領下の1967年。その前に沖縄では幼女が米兵に惨殺される事件が起きた。

 大城さんの個人史と読める作品「あなた」にこうある。「治外法権の撤廃だけに復帰の意義を賭けた。ところが今日なお治外法権は揺るぎがない。それと同趣旨のように辺野古の押し付けがある」

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです