メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第61回書燈社展 果敢に大作に挑む

北野攝山

 第61回書燈社展(12月1日まで、東京都美術館)は、今年も幹部書人が果敢に大作に挑んでいる。

 船本芳雲さん「途中下車の途中です」=写真[1]▽宮本博志さん「欲望の争い絶えず荒廃の地球覆えり新型コロナ……」=同[2]▽小田川大岳さん「参道の長く続く……」は、自作の言葉を取り上げている。大紙面に向かい、それぞれ文字数と文字の大きさは異なる。が、どのように書人が気持ちを込めているのだろうか、と考えながら鑑賞すれば、さまざまな感興が襲ってくるだろう。

 ほか、後藤俊秋さん「木々に降りそそぐ四月の雨は……」▽篠崎大渕さん「東歩西歩……」▽石川通正さん「妙正寺川の清流では……」--なども、言葉の選び方と墨色に加えて、文字の凝集感や律動にさまざまな工夫が凝らされている。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです