連載

書の世界

書の展示会から注目の作品を紹介します。

連載一覧

書の世界

第61回書燈社展 果敢に大作に挑む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北野攝山
北野攝山

 第61回書燈社展(12月1日まで、東京都美術館)は、今年も幹部書人が果敢に大作に挑んでいる。

 船本芳雲さん「途中下車の途中です」=写真[1]▽宮本博志さん「欲望の争い絶えず荒廃の地球覆えり新型コロナ……」=同[2]▽小田川大岳さん「参道の長く続く……」は、自作の言葉を取り上げている。大紙面に向かい、それぞれ文字数と文字の大きさは異なる。が、どのように書人が気持ちを込めているのだろうか、と考えながら鑑賞すれば、さまざまな感興が襲ってくるだろう。

 ほか、後藤俊秋さん「木々に降りそそぐ四月の雨は……」▽篠崎大渕さん「東歩西歩……」▽石川通正さん「妙正寺川の清流では……」--なども、言葉の選び方と墨色に加えて、文字の凝集感や律動にさまざまな工夫が凝らされている。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文941文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集