メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無月の譜

松浦寿輝さん 将棋駒巡る冒険の物語 新連載「無月の譜」が来月4日スタート

松浦寿輝さん=山下浩一撮影

 松浦寿輝さんの朝刊連載小説「無月の譜」が12月4日から始まる。史上最年少で2冠を達成した藤井聡太さんの活躍で注目を集める将棋の世界が舞台だが、主人公は「将棋駒」の魅力に取りつかれた男という、いっぷう変わった物語だ。

 小学生の時に友達と指して遊んで以来、長年「将棋に関心を寄せてきた」という松浦さん。「下手の横好きで、昔から将棋は好きでした。チェスやシャンチー(中国将棋)などとともにインド発祥のゲームですが、独自のルールを持ち、日本が世界に誇れる文化遺産です」と熱い思いを語る。

 今回「将棋駒」についての小説を書こうと考えたのは「僕自身、将棋のツールである物体としての駒を、とても面白いものと思っていた」からだと話す。

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです