メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

ウィーン・フィル 日本ツアー終了 演奏への道筋示す

日本ツアーを終えたウィーン・フィルのダニエル・フロシャウアー楽団長(左)とミヒャエル・ブラーデラー事務局長=東京・赤坂のサントリーホールで、斉藤希史子撮影

 新型コロナウイルス禍の中、特例措置で来日したウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、11日間8公演のツアーを無事に終えた。東京・サントリーホールでの最終公演後、出国までのわずかな時間にダニエル・フロシャウアー楽団長とミヒャエル・ブラーデラー事務局長が記者会見。「大きな挑戦を成し遂げられたのは日本・オーストリア両国の勇気のたまもの」「ブラボーの声こそ禁じられていたが、聴衆の温かな拍手は雄弁だった」などと感謝し、今回の成功を「ほかのオーケストラにも活動への道筋を示すもの」と位置づけた。

 同団は飛沫(ひまつ)測定などの実験の結果、「奏者同士が極端な距離を取る必要はない。それは響きを台無しにする」として、通常配置での演奏を続けている。しかし来日直前のPCR検査で1人の無症状感染が判明したため、周囲の奏者を含む5人が渡航を見合わせた。そのパートには急きょ他から2人が応援に回り、「3減」の編成で本番に臨んだが、「常に最高を求めるウィーン・フィルの響きに影響はなかった」と振り返る。「音楽…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです