メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堂本光一の演出で「ドリームボーイズ」

 故ジャニー喜多川が作・構成・演出を手がけ2004年以来、歴代のジャニーズアイドルが出演してきた舞台「ドリームボーイズ」が12月10日~来年1月27日、東京・帝国劇場で上演される。当初は今秋に予定されていたが、コロナ禍で中止となっていた。演出は堂本光一が引き継ぎ、King&Princeの岸優太と神宮寺勇太を筆頭に、若手アイドルが年末年始の帝劇を盛り上げる。

 ボクシングに打ち込む少年たちの挫折と成長、友情を描いた物語。岸と神宮寺が昨年に続いて主役のライバル同士を演じる。新型コロナウイルス感染対策のため、例年とは少し構成が変わるという。岸は「(客席上を飛ぶ)フライングは厳しくなるがその代わり、役の内面をより丁寧に表現したい」、神宮寺も「こういう世の中だけど、芝居も歌も全力で届けるのでおなかいっぱいになって帰ってほしい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです