メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是・感劇

政治と金と戦争と

 佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘、竹下登……。歴代の首相をはじめ出てくるのは実在の人物で、しかも実名。希代の政治家・田中角栄を巡る政争劇の3部作が最終章を迎えた。JACROW#29「闇の将軍」シリーズ第3弾(10月22日~11月8日、東京・サンモールスタジオ、中村ノブアキ作・演出)。フィクションではあるが、政治が生き物のように生々しく迫ってくる快作だ。

 旧作2本、新作1本を一挙上演。2016年初演の第1話「夕闇、山を越える」は田中(狩野和馬)が最年少大臣になるまでの料亭政治が、18年の「宵闇、街に登る」は佐藤(土橋建太)が禅譲するかに思われた福田(小平伸一郎)との「角福戦争」が軸となる。公私にわたり田中を支える佐藤昭(小林あや)を絡め、首相の座に就くまで権謀術数を尽くすさまがダイナミックだ。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです