メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是・感劇

政治と金と戦争と

 佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘、竹下登……。歴代の首相をはじめ出てくるのは実在の人物で、しかも実名。希代の政治家・田中角栄を巡る政争劇の3部作が最終章を迎えた。JACROW#29「闇の将軍」シリーズ第3弾(10月22日~11月8日、東京・サンモールスタジオ、中村ノブアキ作・演出)。フィクションではあるが、政治が生き物のように生々しく迫ってくる快作だ。

 旧作2本、新作1本を一挙上演。2016年初演の第1話「夕闇、山を越える」は田中(狩野和馬)が最年少大臣になるまでの料亭政治が、18年の「宵闇、街に登る」は佐藤(土橋建太)が禅譲するかに思われた福田(小平伸一郎)との「角福戦争」が軸となる。公私にわたり田中を支える佐藤昭(小林あや)を絡め、首相の座に就くまで権謀術数を尽くすさまがダイナミックだ。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです