メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

一路真輝 優しい旋律に寄り添い 「Op.110」でベートーベンの恋人役

一路真輝 俳優=東京都港区で、喜屋武真之介撮影

 ベートーベンの生誕250年を記念した舞台「Op.110 ベートーヴェン『不滅の恋人』への手紙」が28日から全国各地で上演される。主演で、ベートーベンに創作のインスピレーションを与えた「不滅の恋人」、アントニーを演じる一路真輝は「舞台の中央に置かれたピアノで奏でられる彼の音楽は優しくて、その周りで芝居をする私たちにそっと寄り添ってくれるよう」と話す。

 彼の死後に発見された恋文が誰に宛てたものかは複数の候補がいて、現在も確定されていない。今作では、それがベートーベンの友人で経済的な支援者だったドイツの大富豪、ブレンターノの妻、アントニーだったと仮定して禁断の恋を描く。「Op.110」は作曲家後期のピアノソナタ第31番の作品番号で、アントニーにささげたともいわれている。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです