メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

一路真輝 優しい旋律に寄り添い 「Op.110」でベートーベンの恋人役

一路真輝 俳優=東京都港区で、喜屋武真之介撮影

 ベートーベンの生誕250年を記念した舞台「Op.110 ベートーヴェン『不滅の恋人』への手紙」が28日から全国各地で上演される。主演で、ベートーベンに創作のインスピレーションを与えた「不滅の恋人」、アントニーを演じる一路真輝は「舞台の中央に置かれたピアノで奏でられる彼の音楽は優しくて、その周りで芝居をする私たちにそっと寄り添ってくれるよう」と話す。

 彼の死後に発見された恋文が誰に宛てたものかは複数の候補がいて、現在も確定されていない。今作では、それがベートーベンの友人で経済的な支援者だったドイツの大富豪、ブレンターノの妻、アントニーだったと仮定して禁断の恋を描く。「Op.110」は作曲家後期のピアノソナタ第31番の作品番号で、アントニーにささげたともいわれている。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. ORICON NEWS 第164回「直木賞」は西條奈加氏『心淋し川』 加藤シゲアキ受賞ならず

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです