メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松竹新喜劇、若手アトリエ公演 昭和の名作「綱の上の人生」 稽古場を特設会場に

「綱の上の人生」に出演する(後列左から)山田俊、竹本真之、植栗芳樹、森光冬、山本和孝、(前列左から)前田絵美、千草明日翔

 上方喜劇の灯を受け継ぐ松竹新喜劇の若手劇団員たちが28、29日、アトリエ公演として昭和期の名作「綱の上の人生」を大阪松竹座8階で上演する。通常は稽古(けいこ)場として使われるスペースを特設会場として使用する。

 松竹新喜劇には、11月末からのNHK連続テレビ小説「おちょやん」のモデル、浪花千栄子が戦後に一時所属した。二代目渋谷天外、藤山寛美らの活躍も有名だ。今年は寛美の没後30年で、記念の公演が各地の劇場で予定されていたが、新型コロナウイルスの影響ですべて中止。11月の劇団公演も中止になった。

 そんな中、若手から「小さくてもいい、生の芝居がしたい」という声が上がった。過去の台本を皆で手分けして読み、話し合って、二代目天外が舘(たて)直志の筆名で書いた「綱の上の人生」を選択。大道具などのスタッフの協力も得て公演にこぎつけた。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです