メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の甲子園 田名部高・村井さん優秀賞 東北地区団体、弘前高が準優勝 /青森

優秀賞を受賞した県立田名部高1年、村井利喜さん=青森県むつ市大平で2020年11月11日、遠山和彦撮影

 「書の甲子園」の愛称で知られ、国内外の高校生が競う「第29回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)の全国審査結果が25日発表された。県内では県立田名部高校1年の村井利喜さん(16)=むつ市=が優秀賞に、県立弘前高校が東北地区団体準優勝に輝いた。【遠山和彦】

受賞作は前衛書「未知」

 村井さんが受賞した作品は前衛書「未知」。2日間集中して仕上げたといい、「全国レベルの大会で受賞できて驚いた。うれしい」と顔をほころばせた。

 小学1年の時から毎日書道展審査会員の工藤永翠さん=同市=の書道教室に通い始め、高校生になった今も指導を受けている。高校入学後に前衛書に取り組むようになった。指導する工藤さんは「学校の試験前でも休むことなく練習している。来年の書展も頑張ってほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです