メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の甲子園 団体の部 市立千葉、地区準V /千葉

地区準優勝の市立千葉高校書道部=千葉市稲毛区の同校で2020年11月10日、富美月撮影

 「書の甲子園」の愛称で知られる「第29回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)の審査結果が発表された。県内では団体の部で市立千葉が南関東地区準優勝、個人の部では国府台3年の工藤千夏さんが準大賞に輝いた。喜びの声を紹介する。【富美月、小林多美子】

 団体部門で過去最高成績の地区準優勝に輝き、個人部門でも3人が優秀賞に入った。部の持ち味は「好きな字を究めて、さまざまな雰囲気の作品を作り上げられるところ」。部長の佐藤亜衣さん(2年)は「持ち味が認められてうれしい。来年はもっと上を目指したい」と目を輝かせた。書道部顧問の大隅晃弘教諭は「作品はバラエティーに富んでおり、個性が評価されたのがうれしい。これからも型にはまらず、子どもたちの自由な発想が引き出せるような書道のあり方を追い求めていきたい」と力を込めた。

 ◆個人の部 準大賞 国府台高3年・工藤千夏さん

この記事は有料記事です。

残り1515文字(全文1899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです