メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の甲子園 団体、個人で東海優秀賞 /岐阜

優秀賞に輝いた大垣日大高校書道部=岐阜県大垣市林町6の同校で、花岡洋二撮影

 「書の甲子園」として知られる第29回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)で東海地区優秀賞をそれぞれ、団体では大垣日大高、個人でも県立可児高の吉野真知さん(3年)が受賞した。【花岡洋二、熊谷佐和子】

団体 大垣日大高 「納得するまで書いた」

 大垣日大高は部員5人が臨書で「入選」以上に入り、県内トップの成績となった。制作時の部長、谷川菜々さん(3年)は「練習してきた成果を発揮でき、達成感が強い」と喜んだ。チームワークが良く、互いに助言しながら「最後まで粘り強く、納得するまで書き、作品を仕上げた」という。時には午後8時まで学校に残り、取り組んだ。

 顧問の大橋隆さんによると、新型コロナウイルス感染拡大による約3カ月間の臨時休校で、9月中旬の出品までに仕上げる期間が短かった。「1年時からきっちりと基礎練習をしてきたのが生きた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです