メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そうの日・うつの日

何でもかんでも褒める教育=諏訪哲史 /愛知

自宅書斎にて筆者=片山喜久哉撮影

 小説創作の指導。そんな難儀な副業をもう10年以上もしている身として、最近思うことを少し書いてみる。

 今は「褒めて育てる」という慣習が世に幅を利かせすぎて、助言や批評の文化を抑圧し衰退させている。そう見える。批評の衰退とはその文化の衰退でもあるのに。

 むろん子供でなくとも大人でも、褒められれば嬉(うれ)しいし、一層その気になる。だから、うるさい小言は無理にでも控え、嘘(うそ)でも褒めておけ、若者は騙(だま)して伸ばせ、となる。

 若者への媚(こ)びへつらい。つまり若者への嘘。昔、人から「やる気にさせる褒め方」を教えられた。いかに褒め難い、工夫も努力の跡もない作品でも「よくない」とか「練習が足りない」とは言うな。若者が傷つくから。そういう作品には「元気があってよい」とか「素質はある」とか「伸びしろに期待」などと言っておけ。そういうのである。

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです