メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんさい楽

33蔵コラボ純米酒(滋賀県) 垣根越え、思い一つに

 「ALL SHIGA 33蔵コラボ純米酒」などを楽しむ人たち=大津市

 <見・聞・楽 かんさい楽(がく)>

 滋賀県酒造組合に所属する酒蔵が、それぞれの純米酒をブレンドした商品「ALL SHIGA 33蔵コラボ純米酒」を、毎年発表している。県の地酒に一つでも多く触れてもらいたいとの思いが結実した、異例のコラボレーションだ。

 「吟吹雪」や「玉栄」といった地元産の酒米に、山から琵琶湖へ流れ込む豊富な水――。滋賀県の清酒造りで要となる原料だ。ただ、同県の生産量は、都道府県別で下位にとどまる。組合関係者や酒蔵の経営者らは、存在感を高めるあの手この手を模索していた。

 こうした中で、数多くの滋賀県産清酒をアピールするアイデアが、酒蔵の垣根を越えたブレンド純米酒だった。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです