メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はるかな宇宙へ

県立大西はりま天文台からの便り/173 赤い星の奇妙な現象 火星から見る夕焼けは青色 /兵庫

 青い空、白い雲、まっ赤な夕焼け。これらに共通する物理現象は「光の散乱」です。今回はこの散乱現象に注目しつつ、火星の夕焼けについて触れたいと思います。

 さて、地球の大気(空気)は完全な透明ではないですが、ほとんど透明に見えます。その証拠に夜になると星が見えます。ではなぜ昼間の空は青いのでしょうか? それは空気の成分である窒素や酸素の分子によって、太陽光の中の主に青側の光が散乱するためです。散乱とは光が分子などに衝突した際にさまざまな方向に放出される現象です。ビリヤードの球で多数の球をはじくことをイメージするといいかもしれません。

 もし大気がなければ散乱はおきないため、地上で見ている人は太陽の方向から直接やってくる光のみ目に入ることになります。月面の映像で昼なのに空が真っ暗なのはこのためです。しかし大気があり、光が散乱されると本来は地上の人に届かないはずの方向へ向かっていた光の進路が曲がり、地上の人の目に届くことになります。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです