メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の甲子園 県内から秀作賞 個人の部で選出 /和歌山

秀作賞に輝いた桐蔭高2年の中筋唯菜さん=和歌山市で、山口智撮影

 「書の甲子園」として知られる第29回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の審査結果が25日、発表された。県内からは個人の部の秀作賞に桐蔭高2年の中筋唯菜さんが選ばれた。

 県内の入賞・入選者は次の通り。(敬称略)

<個人の部>

【秀作賞】中筋唯菜(桐蔭)

【入選】西江遥(和歌山工)佐原あかり(箕島)西棟帆乃加、土居茉莉子、橘夏南、樋口茉佑、古川陽菜、小池緋香理、出口心彩、岩橋佳音(桐蔭)平西桃萌(和歌山信愛)的場琴海(市立和歌山)西山…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです