メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の甲子園 団体の部 倉敷商、中国地区優秀賞/個人の部・優秀賞 倉敷青陵2年・片山晴香さん /岡山

「書の甲子園」団体の部で中国地区優秀賞に選ばれた倉敷商書道部。新型コロナ対策でマスクを着用して集合=岡山県倉敷市白楽町の同校で、小林一彦撮影

 「書の甲子園」として知られる第29回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の受賞者が発表され、県内からは、団体の部で倉敷商(倉敷市)が中国地区優秀賞、個人の部で倉敷青陵の片山晴香さん(2年)が優秀賞に選ばれた。受賞者に喜びの声を聞いた。【小林一彦】

 ◆団体の部・中国地区優秀賞

一人一人の力、結実 倉敷商

 昨年の「書の甲子園」は、3度目の中国地区優勝。書の強豪校に成長し、今回は4回目のトップ、2度目の連覇を目指したが、地区3位の優秀賞。それでも、部長の宮本真希さん(3年)は「部員一人一人がいい作品を残そうと力を入れた結果の団体入賞。県内ではトップであり、受賞はうれしい」と喜ぶ。

 今年は新型コロナウイルスの影響で異例の展開続き。書道の地区優勝校として、高校野球の「春の甲子園」に中国地区から出場する3校のプラカードの学校名揮毫(きごう)を担当。その中には「倉敷商」の文字もあった。しかし、大会は中止に。新年度も4、5月に休校が続いた。部員44人の大所帯であり、感染防止のため密状態を極力避けようと、多人数で一緒に巨大な作品を仕上げるパフォーマンス書道の練習はあきらめた。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです