年金引き下げ違憲訴訟 取り消し請求棄却 地裁 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 年金支給額の引き下げの決定は違憲だとして、県内の受給者らが国に決定の取り消しを求めた訴訟で、山口地裁(山口格之裁判長)は25日、請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 国民年金法の改正で、国は2013年から支給額を段階的に計2・5%引き下げた。

 判決は「公的年金制度による年金額は、国民の生活水準そ…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集