安保関連法違憲 訴訟の口頭弁論 地裁 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は違憲だとして、長崎の被爆者らが国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が24日、長崎地裁であった。原告の尋問で、佐世保市の元海上自衛官、西川末則さん(68)は、他国間の戦争に自衛隊が巻き込まれる可能性を指摘し「自衛官は日本を守るために体を張る覚悟はあっても、他国…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

注目の特集