メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法違憲 訴訟の口頭弁論 地裁 /長崎

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は違憲だとして、長崎の被爆者らが国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が24日、長崎地裁であった。原告の尋問で、佐世保市の元海上自衛官、西川末則さん(68)は、他国間の戦争に自衛隊が巻き込まれる可能性を指摘し「自衛官は日本を守るために体を張る覚悟はあっても、他国…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです