メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

都、追い込まれ時短 コロナ重症者増に危機感

 新型コロナウイルスの感染防止と経済活動の両立をどう図るかで揺れ続けた東京都は「第3波」でも結局、飲食店などの営業時間の短縮要請に踏み切る。重症者数も増加し続けており、医療崩壊を食い止めようと、都が追い込まれていた事情もある。

 大阪府と北海道に続き、飲食店などへの営業時間短縮の要請方針を打ち出した東京都だが、11月以降の感染者や重症者の急増で、方針転換せざるを得なかった。クリスマスや年末年始の前に感染拡大を食い止め、ダメージを最小限にとどめたい思惑ものぞく。

 「都民の命を守るために手段を尽くして、重症化を防いで、医療崩壊を何としても回避しなければならない」。小池百合子知事は25日の臨時記者会見の冒頭、時短要請を含めた対策で、感染拡大を抑え込む強い意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り2742文字(全文3076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  4. わざおぎ登場 中村魁春さん「本朝廿四孝」を語る お姫様を演じて60年超 三姫の魅力とは=完全版

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです