メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

PCR検査、自費で受けられる? 費用は2000円から4万円 海外渡航などで需要=回答・小川祐希

 なるほドリ 新型コロナウイルス感染症のPCR検査を、自費(じひ)で受けられるって聞いたよ。どういうものなのかな?

 記者 新型コロナに感染しているかを調べる検査には、主に「行政(ぎょうせい)検査」と「自費検査」があります。行政検査は感染症法という法律に基づいて行われ、公費が充(あ)てられます。発熱などの症状があったり、クラスター(感染者集団)が発生した場所に居合(いあ)わせたりして、医師が必要と判断した場合に実施します。自費検査は、医療機関(いりょうきかん)や検査会社がしていて、希望すれば受けられます。費用は自分で払う必要があります。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです