メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」補塡 自民、説明求める声 安倍氏求心力に影響か

 安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍氏周辺が費用総額の一部を補塡(ほてん)していたと認めた問題を受け、自民党に動揺が広がった。今後の状況次第では安倍氏の求心力低下に直結する可能性もあり、党内では安倍氏による説明を求める声も上がっている。

 谷垣グループの中谷元代表世話人は25日の会合で「(安倍氏は)事務所の手続き、経緯も確認した上で国民が理解できるよう説明する必要がある」と述べた。

 安倍氏周辺は、安倍氏自身は秘書から虚偽の報告を受けており、補塡した事実を知らなかったと説明している。党内では「安倍氏に問題はない」との楽観論もあるが、同党中堅は「結果的に国会で事実と異なる答弁をした。安倍氏が記者会見して説明すべきだ」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです