メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

携帯料金値下げ 選びやすい環境作りを=本橋敦子(東京経済部)

自分にあった携帯電話はどれか。店頭にはさまざまな種類のスマートフォンが並ぶ=東京都で9月25日午後、本橋敦子撮影

 菅義偉首相が打ち出した携帯電話の利用料金値下げが動き出した。KDDI、ソフトバンクは10月末、データ通信を多く使う利用者向けに割安な新料金プランを発表。NTTドコモはNTTの完全子会社になる手続きに入り、経営効率化によるコスト削減効果で値下げが進むとの期待が膨らむ。だが、手放しで喜ぶ前に、「官製値下げ」の正当性や負の影響にも目を向けなければならない。大切なのは、自分に合った事業者や料金プランを納得して選ぶことができる利用者目線の環境整備だ。

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文1936文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです