メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

衆参予算委 首相「桜」責任回避に終始 安倍氏切り離しを図る

参院予算委員会で立憲民主党の福山哲郎幹事長(右手前から3人目)の質問に答える菅義偉首相(左)=国会内で、竹内幹撮影

 25日の衆参両院の予算委員会集中審議では、安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題について、現政権から切り離そうとする菅義偉首相の姿勢が目立った。首相は旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業の利用制限に関しても野党の追及を受けた。

 「安倍前首相が国会で答弁した内容について、前首相に確認し、答弁してきた」。首相は官房長官時代に、前夜祭費用の補塡を否定する安倍氏の主張に沿った国会答弁をしたことについて、この日の審議で責任を回避するような答弁を繰り返した。

 前夜祭を巡る問題は東京地検特捜部が捜査中だ。これを受け、首相は「捜査機関の活動内容に関わる事柄なのでお答えは控える」との答弁を連発した。

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです