メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

佐藤恵子さん=書の甲子園団体優勝 徳島県立名西高校書道部顧問

佐藤恵子(さとう・けいこ)さん(59)

 「書の甲子園」の愛称で知られる国際高校生選抜書展の団体の部で、徳島県立名西高の書道部を初の全国優勝に導いた。新型コロナウイルスの感染拡大で部活動が制限される中、「部員たちの地道な活動が実を結んだことが何よりうれしい」と語る。

 小学1年の時、担任の先生から「きれいに字を書くね」と言われた。先生は担任でなくなった後も、ずっと書の道を進む背中を押してくれた。「少しでも良いところがあれば褒めてくれるから、励みになった」

 大学卒業後は、学生時代にアルバイトをしてためたお金で自宅の敷地に書道塾を建てて近所の子に教えた。その後に高校教諭となり、現在は県内で唯一、書道に特化した「芸術科書道コース」を設置する名西高で教壇に立つ。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです