連載

くらしナビ・社会保障

働き方の悩みやわかりにくい保険、年金の仕組みなど「もしも」の時に備え、役立つ記事をお届け。

連載一覧

くらしナビ・社会保障

発達障害、オンラインで支援

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リタリコが提供した教材に取り組む男児=東京都内で、五味香織撮影
リタリコが提供した教材に取り組む男児=東京都内で、五味香織撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、さまざまな分野でオンラインのサービスが広がってきた。発達障害のある子どもの支援サービスも、その一つだ。オンラインゆえのメリットもあるといい、サポートの新たな選択肢として定着していくのだろうか。

 ●感染防止対策から

 子どもの発達支援などに取り組む「たすく」(本社・神奈川県鎌倉市)は、全国に緊急事態宣言が出されていた4月下旬、テレビ会議システムを使った無料のオンライン相談を始めた。本来は関東を中心に展開する専用の「教室」に集まってサービスを受ける形だが、感染防止策でオンラインの活用にも踏み切った。

 札幌市の女性(37)は、長男(5)とのコミュニケーションが取りにくいことを相談した。医師から発達障害の診断が出るほどではない「グレーゾーン」にある。会話を理解するのが難しく、例えば「両足でジャンプしながら進む」と説明しても、どういう動きをすればいいのか理解できなかったという。たすくの担当者から「お母さんが見本を見せた方がいい」とアドバイスされた。やってみると、長男は動きをまねてできるように。女性…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1537文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集