メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

すばやく動き回る怖い虫=五箇公一

カマドウマ=五箇公一さん提供

 このコラムでも何度も紹介しているが、自分はダニ学者である。ダニなんて不快な害虫を研究しているくらいだから、どんな虫でも平気で触れるのだろうと思われがちだが、自分にもめっちゃ苦手な、というか、とても怖い虫がいる。

 その一つが「カマドウマ」である。多分、今の子どもたちや若い世代にはなじみのない名前だろうと思う。昔は大概、どんな家庭でも目にすることがあったバッタ目の屋内害虫。かまどにすみ着き、馬のように跳ねることからこのような名前が付いたとされる。

 筆者が子どもの頃は、よく家のトイレに出没していたことから「便所コオロギ」という別名で呼ばれていた。用を足そうとトイレに入った瞬間や、あるいは浴室に入ろうとした瞬間に、足元にこいつが突如跳びはねてきて、家の中に悲鳴が響き渡るという出来事はどこの家庭でも定番であった。

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです