メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤングケアラー

ヤングケアラー 埼玉・高2「家族介護」1969人 県、全5.5万人調査

 埼玉県は25日、県内の高校2年生全員(5万5772人)への調査で、回答した4万8261人のうち1969人(4・1%)が、通学しながら家族の介護や世話をする「ヤングケアラー」だったと発表した。自治体による当事者調査は全国初とみられ、対象数も過去最大規模。ヤングケアラーの約3人に1人(696人)が家族を毎日ケアし、約4人に1人(501人)は悩みを話せる相手がいないなど、子どもへの負担の実態が浮かんだ。

 県は7~9月、県立、私立など計193校を通じて調査票を配布。回答した生徒のうち、2577人(5・3%)が自分をヤングケアラーだと考えていた。ただ県は、障害や病気ではなくケア対象の家族が幼いことだけを理由に挙げた608人については、個々の事情を踏まえずに判別するのが難しいとして除外した。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. ワクチン接種記録、マイナンバーとひも付けを 平井氏、河野氏に提案

  4. 大河ドラマ主演に松本潤さん 23年放送 徳川家康役で

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです