特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
梶田隆章・日本学術会議会長(左)と会談する井上信治科学技術担当相=東京都千代田区で2020年11月26日午後5時20分ごろ、阿部周一撮影
梶田隆章・日本学術会議会長(左)と会談する井上信治科学技術担当相=東京都千代田区で2020年11月26日午後5時20分ごろ、阿部周一撮影

 井上信治・科学技術担当相は26日、東京都内で日本学術会議の梶田隆章会長らと会談し、学術会議の組織形態について「国の機関からの切り離しについても検討していくべきだ」との意向を伝えた。菅義偉首相が6人の会員候補の任命を拒否した問題の発覚後、政府が学術会議に対し、国から独立した非政府組織化を提案するのは初めて。井上氏は学術会議に対し、年内に組織改革の検討結果を報告するよう求めている。

 井上氏は梶田会長ら幹部3人と約1時間、意見交換する中で伝えた。会談後、報道陣の取材に「何か決まったということではない。幅広い選択肢を考えていただきたい」とした上で、「国会でも議論があり、国民の皆様からもいろんな声があるのを踏まえた」と説明。「(梶田氏らに)私の意見も受け止めてもらったと思う」と語った。

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1134文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集