メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タネがなくなる日

<下>品種改良された「中山かぼちゃ」、継承に懸念も

今年取れた中山かぼちゃと種を見せる佐藤正宏さん=栃木県那須烏山市で2020年10月20日、林田七恵撮影

 7月下旬ごろになると、栃木県那須烏山市では、両端がとがっている形が特徴の「中山かぼちゃ」の出荷が始まる。ホクホクとした食感が人気で、普通のカボチャよりも高い1キロ550円前後で売買される特産品だ。今年、その生産者が10人を下回った。

 戦後に北海道から入ってきたカボチャが那須烏山市中山地区の水はけの良い土に合い、地域野菜「中山かぼちゃ」として根付いた。ただ、いま流通している中山かぼちゃは昔からのものではない。新しい「ニューなかやま」という品種だ。

 品種改良が始まったのは1988年。元々の中山かぼちゃはつるの先で実がなるため、栽培面積の割に収穫量が望めないという弱点があった。栃木県農業試験場が比較的根元の近くで実がなる個体の種を選び続けた末、やや小ぶりでつるが短い「ニューなかやま」を開発し、2004年に品種登録した。13年には「中山かぼちゃ」として地域団体商標にも登録され、地域ブランドとして認められた。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです