特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

宮城県議会、異例の14人欠席 感染議員名は非公表、閑散としたまま議事進行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党・県民会議の空席が目立った議場=宮城県議会で2020年11月25日午後1時2分、深津誠撮影
自民党・県民会議の空席が目立った議場=宮城県議会で2020年11月25日午後1時2分、深津誠撮影

 宮城県議会11月定例会は25日開会した。新型コロナウイルスに集団感染した自民党・県民会議の議員10人と濃厚接触者の議員4人の計14人が欠席する異例の事態の中、初日の審議が行われた。会期は12月16日までの22日間。

 14人は今月17日、仙台市内の飲食店で会食をした際にマスクを着用せず十分な距離を取らなかったことで、クラスター(感染者集団)が発生した可能性が指摘されている。

 この日の本会議場は、当選回数や年齢が若い順に決められる座席の中で、自民会派の2~3列目の多くが空席に。出席した際に議員が自分で立てる「氏名柱(しめいちゅう)」も14本が横倒しのままで、新型コロナ関連以外の欠席者はいなかった。定数59の半数を超える43人の出席で定足数を満たしたが、閑散としたまま村井嘉浩知事の議案提案などの議事が進んだ。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文579文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集