メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー場「密になりにくい」…それでも厳しい冬 長野

斜面を滑走するスノーボード。スキー場は「ゲレンデでは密にはなりにくい」と来場を呼び掛けている=白馬観光開発提供

 もうすぐ、ウインタースポーツのシーズンが到来する。ただ、その人気にかつてほどの勢いはなく、国内有数のスキー場を擁する長野県内でも利用客の減少傾向が続く。しかも今年は、新型コロナウイルスという厄介な問題までのしかかる。「今年は厳しくなる」。視界不良の中、スキー場事業者や自治体は今シーズンをどう乗り切るのか。【野呂賢治】

 白馬エリア(大町市、白馬村、小谷村)で「白馬岩岳スノーフィールド」「白馬八方尾根スキー場」「栂池高原スキー場」を運営する白馬観光開発は9月、今シーズンの営業方針を公表した。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです