「兵庫盲導犬協会」の活動支えた3頭が引退 仕事ぶりねぎらい手作りの感謝状

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退式で感謝状を贈られた盲導犬クエル号(左から3頭目)とPR犬オアシス号(同4頭目)、繁殖犬ティナ号(右端)=神戸市西区押部谷の社会福祉法人「兵庫盲導犬協会」で2020年11月22日、稲田佳代撮影
引退式で感謝状を贈られた盲導犬クエル号(左から3頭目)とPR犬オアシス号(同4頭目)、繁殖犬ティナ号(右端)=神戸市西区押部谷の社会福祉法人「兵庫盲導犬協会」で2020年11月22日、稲田佳代撮影

 社会福祉法人「兵庫盲導犬協会」(神戸市西区)で11月、盲導犬やPR犬など協会の活動を支え、引退を迎えた犬3頭に感謝の気持ちを伝える「引退式」が開かれた。子犬の頃に世話をしたパピーウオーカーや協会の支援者らが集まり、感謝状を渡して現役時代の仕事ぶりをねぎらった。

 引退したのは、いずれもラブラドルレトリバーで、中部秀樹さん(49)=堺市=の盲導犬を5年間務めたクエル号(雄・7歳)▽2014年から協会のイ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集