メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「古里に支えられている」 都会に転出の学生に食料送り「つながり」強化の試み

自然豊かな長野県高森町の町並み=同町提供

 コメ5キロやブルーベリーなどが詰まった「ふるさと便」のお届けから、古里でのアルバイトの紹介まで――。地方の自治体が、都会へ転出していった学生らとの「つながり」を強化している。きっかけは新型コロナウイルスの感染拡大。外出もままならない地元出身学生らに食料品を送る取り組みにとどまらず、地元回帰を促す試みも始まっている。

 果樹栽培が盛んな長野県南部の町、高森町。町出身で神奈川大法学部2年の太田和也さん(20)は4月の緊急事態宣言以降、アルバイトがストップした。外出を控える生活を送る中、町から支援の品々が届いた。コメやレトルトカレーの「ふるさと便」。太田さんは「ふるさと便の発送を申請して2、3日で届いた。家にいるとコメをたくさん消費する。本当にありがたかった」と振り返る。

 大学がオンライン授業を継続するため、太田さんはいったん帰省した。そして町が帰省中の学生を対象に募集したアルバイトに応募し、10月からマイナンバーの窓口業務などを担当している。「町の人と話すことができるのは新鮮。責任の重い仕事にもやりがいを感じる」と話す。

 高森町の人口は約1万3000人。近隣を含めた14市町村の地域(飯田下伊那地域)には短大と専門学校はあるものの大学はない。地元に残る若者は半数ほどだ。町は2016年、…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです