メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

大阪市内。手前は大阪城=本社ヘリから

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府が大阪市北区と中央区全域で酒類の提供や接待を伴う全ての飲食店に要請した15日間の営業時間短縮(午前5時~午後9時)の期間が27日に始まる。府市は協力金を50万円とし、支給対象は府の「感染防止宣言ステッカー」を導入するなどし、15日間全て要請に応じた店に限ることを決めた。

 府の時短要請は3回目。今回の対象は西日本有数の繁華街・北新地やミナミを含む両区で、バーやカラオケ店を含め酒類を提供する飲食店と接待を伴う店など計約2万5000店。感染対策をしステッカーを導入している店には時短営業への協力を求め、対策を講じていない店には休業要請する。居酒屋は時短要請のみとなる。

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです