メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓「私の選択肢」

「それぞれの家族タイプにあった氏を選んで良いのでは」 小池信行弁護士

インタビューに答える小池信行弁護士=東京都中央区で2020年11月24日、内藤絵美撮影

 結婚後に夫婦が同じ姓とするか、それぞれの姓を名乗るかを選べる選択的夫婦別姓制度。1996年に国の法制審議会が制度の導入を答申して間もなく四半世紀になる。当時、法務省民事局参事官で、法制審議会の幹事として民法改正要綱作成の中心人物だった小池伸行弁護士に、答申の経緯や制度への思いを聞いた。【聞き手・花澤葵】

世界的な流れ受け導入を検討

 1970年代に国連が女性の地位向上を目指すという運動を主導し、それを受けて、日本でも夫婦の氏の平等に関する議論がなされた。ヨーロッパ諸国も、婚姻した女性は夫の氏を名乗るというのが一般的な制度だったが、その頃から制度が変わっていった。ヨーロッパで最も保守的と言われたドイツでさえ、選択的夫婦別姓を導入したんだから、日本でも導入できるのではないかという考えがあった。世界的な流れで、日本も遅れないようにという考えが議論のきっかけだったと思う。

 法制審議会では、選択的夫婦別姓だけがテーマではなく、婚姻年齢の男女平等化や女性の再婚までの期間短縮など、婚姻や離婚の法律全般の見直しを5年かけて議論した。さまざまなテーマがあり、そのほとんどは立法されているか、実務的にクリアされている。事実上、当時取り上げられたテーマで残っているのは選択的夫婦別姓だけだ。

 法制審議会で議論するメンバーは学者が中心だったが、選択的夫婦別姓の導入についてはほとんど反対意見はなく、当然のことという雰囲気だった。ただ、問題は…

この記事は有料記事です。

残り2263文字(全文2877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです