メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

新年一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下と上皇后ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方=皇居・宮殿東庭で2020年1月2日午前11時1分、吉田航太撮影

 宮内庁は2021年1月の皇居での新年一般参賀を中止することを決めた。27日付の官報に掲載した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で大勢の人が集まることが予想されるため、中止を検討していた。行われないのは、昭和天皇が逝去した翌年の1990年以来となる。

 一般参賀は皇居・宮殿前に大勢が密集し、待ち時…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです