新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新年一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下と上皇后ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方=皇居・宮殿東庭で2020年1月2日午前11時1分、吉田航太撮影
新年一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下と上皇后ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方=皇居・宮殿東庭で2020年1月2日午前11時1分、吉田航太撮影

 宮内庁は2021年1月の皇居での新年一般参賀を中止することを決めた。27日付の官報に掲載した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で大勢の人が集まることが予想されるため、中止を検討していた。行われないのは、昭和天皇が逝去した翌年の1990年以来となる。

 一般参賀は皇居・宮殿前に大勢が密集し、待ち時…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

あわせて読みたい

注目の特集