「正確で公正な報道」を決議 神戸で新聞大会 協会賞「にほんでいきる」授賞式も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第73回新聞大会(日本新聞協会主催)が26日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれた。世界各国で新型コロナウイルス感染拡大により日常生活が一変した中、不確かな情報が混乱や分断を招き、差別や偏見を助長しているとして、「信頼性の高い情報が強く求められ、大きく変容する社会の中で、新聞は正確で公正な報道を通じて責任ある言論活動を行う」との大会決議を採択した。

 加盟70社から約300人が参加。今年度の新聞協会賞授賞式もあり、毎日新聞東京本社の「『にほんでいきる』 外国籍の子どもたちの学ぶ権利を問うキャンペーン報道」(代表=奥山はるな・前編集編成局社会部)など6件が表彰された。

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1370文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集