不妊治療助成の拡充、2回目以降を30万円に倍増へ 事実婚も対象 厚労省検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 不妊治療の治療費助成制度を巡り、厚生労働省は初回の助成額の上限について現行の30万円を維持し、2回目以降の助成額を30万円に倍増させる方向で検討に入った。事実婚の夫婦も対象とする。

 現行の助成制度は、高額な特定不妊治療(体外受精・顕微授精)について、助成額上限を初回30万円、2回目以降15万円としている。女性が治療開始時に40歳未満なら6回まで、40歳以上43歳未満なら3回までが対象。夫婦合算の年…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集